2010年04月01日

名物デザイン「滝と紅葉」のナンバープレート(産経新聞)

 バイクなどのナンバープレートを“動く広告塔”として活用しようと、大阪府箕面市が、独自プレートを作成し、1日から交付を始めた。

 プレートは箕面の山をイメージした形で、観光名物の滝や紅葉をデザイン。125cc以下はピンク、ミニバイクは白など計5色ある。市が交付するプレートは、国の規格内であれば形状や絵柄を自由に決められる。

 この日は抽選で希望の番号を選べ、ピンクの「1番」を手にした同市の大学生、小槌章弘さん(22)は「遠乗りした先で箕面をアピールしたい」。

【関連記事】
偽装タクシー御用!ドア自動開閉できず、プレートも手作り
赤い軽乗用車でひったくり 容疑の兄弟ら逮捕 警視庁
全国最悪→被害ゼロ 車ナンバー盗を特殊ネジが防止
ナンバー交換…車で警察官に突進、殺人未遂容疑 名古屋
追突痕にプレート番号 逃走車の男逮捕

首相官邸の「KYカップル」? (時事通信)
水俣病 和解へ…闘いに苦渋の決着(毎日新聞)
<国立大評価制度>交付金増額…トップは奈良先端大学院大(毎日新聞)
政府案、月内策定を約束=普天間移設問題−鳩山首相(時事通信)
<性同一性障害>手術ミスで和解 説明の不備認める(毎日新聞)
posted by ミヤザト ヒデアキ at 13:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。